【かす汁】おばんざいレシピ

今日は寒い日に体が温まる粕汁(かすじる)のレシピをご紹介します。

今日のおばんざいレシピ

ほっこりぽかぽか”鮭の粕汁”で温まる~♪
ほっこりぽかぽか”鮭の粕汁”で温まる~♪

料理名:粕汁
作者:はなまる子♪

■材料(4~5人分)
鮭(塩鮭切り身) / 3~4切れ
酒粕 / 300g
豆腐 / 1丁
コンニャク / 半丁
大根、ニンジン / 適量
油あげ(小) / 1枚
味噌 / 大さじ2~3
・・だし汁 A・・ /
水 / 1200~1400cc
和風だしの素(顆粒) / 6g
・・お好みで・・ /
万能ねぎ(小口切り)、一味唐辛子 / 適量

■レシピを考えた人のコメント
ネギと一味唐辛子を振り入れて、あつあつをいただきます。
酒粕で身体の芯からぽかぽかに!

詳細を楽天レシピで見る

作り方

  1. 鮭の切り身は、あらかじめ水に浸け塩抜きをして、1キレを3等分に切ります。
  2. 大根、にんじんは皮をむき細切りにしておきます。豆腐はさいの目に切っておきます。
  3. コンニャクは細切りにして、耐熱容器でヒタヒタの水と入れ、レンジで2分加熱しアク抜きをします。ザルに上げて水気を切っておきます。
  4. 油抜きした油揚げを、1cm巾の細切りにします。
  5. 鍋にAを入れて沸騰させ、酒粕を手で細かくちぎって加え中火で煮込んでいきます。
  6. (5)の鍋に、(1)、(2)、(3)、(4)を加えて煮込み、ふつふつしてきたら、味噌を加えひと煮立ちさせて、沸騰直前に火を止めます。
  7. 器に盛り、お好みでねぎ、唐辛子をふり入れて出来上がりです。

まとめ

美味しそうですね。京都の伏見には昔から続く大手酒造会社が居を構えています。1月になると、昨年の新酒の仕込みに使った酒粕が出回るようになります。

粕汁は苦手な人もいますが、寒い冬に体を温めてくれる美味しい一品。京都の家庭で作られる定番のおばんざいです。ぜひチャレンジしてみて下さい。



シェアする